乾燥肌とじんましんについて

乾燥肌とじんましんは、どのような関係があるのでしょう。実は、乾燥肌と一緒にじんましんを発症する人は意外と多いのです。
美肌エステ

乾燥肌というと、かさかさしたり、かゆみがよく出たりします。そこに、じんましんが加わると、つらさは倍増します。乾燥肌からくるじんましんは、寒冷じんましんと呼んでいます。

肌が冷やされることで、じんましんが出てくるのです。乾燥肌は、暖房などで乾燥した温かい室内でも起こりやすいので、冷えている肌が温められることでおこるじんましんもあります。

温熱じんましんというもので、寒い外から温かい家の中に入った際、体温が上がることでおこるじんましんです。

急な温度変化でじんましんが起こるので、乾燥肌とじんましんの二重苦になります。乾燥肌の人は、そもそも肌が刺激に弱い状態なので、じんましんになりやすい傾向にあります。

寒冷じんましんや温熱じんましんが出た時は、速やかに、皮膚科に行って、薬を処方してもらうことです。じんましんについては、乾燥肌のケアで改善することはできません。

また悪化するので、くれぐれも、じんましんが出た時は、かかないようにしなければいけません。